スポンサーサイト

2013.07.04 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    上西創造のどもる 原因 大人の場合

    2013.07.04 Thursday

    0

      治ったと思ったら再発の繰り返しで、どもりの症状が改善する気配が全く見られない状態だったとしても、
      ぎくしゃくしていた言葉がどんどんスムーズに出てくるようになり、話したいことを思い通りに話せるようになる方法がこちら





      あなたも、↓のような悩みがあるんじゃないでしょうか??



      自己紹介で自分の名前をいえない

      ギャグを言おうとしても滑ってしまう

      堂々と前を向いて話せない

      人前で言えなかった言葉を後で何度も復唱している




      吃音の症状を詳しく見ていくと、特定の行(さ行やは行など)がうまく発音できなかったり、

      特定の単語をうまく話せないなど、人によっていろんな症状を抱えていることがわかります。


      他にも、話始めに言葉が出てこないなど、語順や単語に関係ない症状に悩まされている人がいるように、

      吃音やどもりは人によって原因が異なります。


      そのため、どうすればどもりの症状が改善するのか?というのは人によってやり方を変える必要があり、

      間違った方法を続けても、吃音が治ることはありません。


      そればかりか、場合によっては症状をさらに深刻な状態へと悪化させてしまう恐れもあり、

      さ行だけではなく、は行やラ行までうまく発音できなくなる可能性があります。


      上西創造さんの吃音改善プログラムは、37種類の矯正トレーニングの中から、自分の症状を解消するために、ピッタリのものを選んで治療を進めていく治療法マニュアルです。



      上西創造さんとはちなみに、戦前からずっと吃音の治療と研究を行ってきたことばの病院 白萩学園院で院長を務めている人で、

      これまでに数多くのどもりに悩まされてきた患者さんを救ってきた実績の持ち主です。


      「どもりの行動療法」や「ことばの治療」など、吃音治療に関する書籍をいくつも出版しているほか、

      学会に論文まで提出するほど、吃音治療に精通している人として知られています。



      どもりの解消だけではなくあがり症といったメンタル的なトレーニングも同時にできる上西創造さんの吃音改善プログラムの特徴はこちらでも詳しく紹介しています。






      スポンサーサイト

      2013.07.04 Thursday

      0
        関連する記事